セブ島で最も予約困難とウワサの隠れ家ホテル Abaca Boutique Resort(アバカ・ブティック・リゾート)に泊まってきました!

久しぶりの更新ですが、唐突にセブ島のホテル・レビューを。

なぜなら、このあいだ泊まったホテルがあまりにも素敵だったから。
もうブログを書かずにはいられない! ぐらい素敵だったから。

ホテルの名は、
アバカ ブティック リゾート アンド レストラン(Abaca Boutique Resort and Restaurant)
Punta Engano Road, Mactan Island, Lapu-Lapu, Cebu, 6015, Philippines

ちなみに、写真はピザの写真を除いて夫が撮影してます〜



スポンサーリンク

全室スイート & 宿泊は1日限定9組の超隠れ家リゾート

セブ島にはたくさんの一流ホテルがあるのですが(ex. ホテルシャングリラ、クリムゾン)、それらが客室数の多い大型ホテルなのに対して、この Abaca Boutique Resort (以下、アバカ)は部屋数9室、全室スイートというプライベート感あふれる隠れ家リゾートで、まさに知る人ぞ知る存在です。

今回、日本から夫の友人夫妻がセブに遊びにくるということで、せっかくだからアバカに泊まる? 泊まっちゃう? と勢いで予約しちゃいました。

ところで、超人気ホテルのうえに、部屋数が少ないアバカは、セブ島で最も予約困難なホテルとしても有名です。

実際、アゴダやトリップアドバイザーからは予約できず、唯一登録のあるホテル予約サイトでも、どの日にちを入れてもずーっと満室で予約できず。なので、予約は公式ウェブサイトの Contact から申し込むか、ホテルに直接電話するのがベター。

☞ 2017/09/15 追記
なんとホテル予約サイトから予約できるようになっていましたー!
(記事の最後にご紹介してます)

ちなみに、ちょくちょくスペシャルプロモ・プランみたいなものもやっている模様。こまめにサイトをチェックしておくといいかもしれません。

プールに直結。オーシャンビューのスイートルーム!

私たちが泊まったのは、目の前にインフィニティエッジのプールと海が広がる1階の Poolside Oceanfront Suite というお部屋でした。部屋からの眺めはこんな感じ↓

室内はモダンエスニック風のインテリア。ラグジュアリーなんだけど、木製の家具や植物の樹皮で編んだポーチやペットボトルホルダーなどなど、室内のあちこちに「ぬくもり」が感じられて心地よいです。

あと、写真には写ってませんが、手前に息子用の小さなエキストラベッドも用意していてくれました。ちなみに10歳以下の子どもには追加の宿泊料金はかかりません。

アバカには、私たちが泊まったデラックス・スイート(全6室)とは別に3室のヴィラがあって、そちらは部屋にプライベートプール(!)もあったりするそうなのですが、ヴィラのエリアには入れませんでした。ヴィラの宿泊者専用ですからね。

さて、到着時はあいにくの雨だったので、子どもたちを連れてプレイルームに行きました。

おもちゃがたくさんあるので、雨天や子どもがグズったときの緊急避難場所になります。子連れにもやさしい! さすがアバカ!その後、雨があがったのでプールに繰り出しました。

プールの水は掛け流し(?)状態なのでとてもキレイ。花びらも浮いてます。

プールサイドにはキングサイズのベッド。疲れたらここでゴロゴロ&お昼寝できます。プールからあがると、バトラーがササーッと駆け寄ってバスタオルを掛けてくれるのも感動的。そして必ず冷たいレモン入りのお水と、シャーベットを用意してくれます。

アバカには、家族連れも多く訪れるようで、プールには子ども用のあらゆる種類の浮き輪も完備。ただ、カップルで宿泊される人も多いので、子どもが走り回ったり大声出したりしないよう気をつけました。

恋人同士や、ハネムーンとかで来るには最高ですね。うむ。ランチは、レストランでもプールサイドでも食べることができます。私たちはプールサイドに運んでもらいました。

ランチはサンドウィッチセット(スープ、サラダ付き)が約600ペソ。今のレートで1300円ぐらいですね。

アラカルトは1品400〜900ペソぐらい。フィリピン感覚からすると激高でもサービスの質を考えると妥当。ハムとパインのピザおいしかった。さて、ディナーはレストランでいただくことに。店内写真は暗くて撮れなかったのですが、お料理の写真をいくつか紹介します!

こちらは車エビ(Tiger Prawn)のパスタ。たしか800ペソぐらい。

こちらは夫が頼んだメインディッシュ。牛肉のパイ包み的な何か(メニュー控える余裕なかった)。
ちょっとお高めで1,000ペソぐらいだったかな?

ピザが縦長! セブにも丸くないピザがあるんだと感動。

で、食後はバトラーがやってきて好きなドリンクを無料で1杯だけ頼めます(evening night cap cocktails)。レストランで飲んでもいいし、後でお部屋に運んでもらうこともできます。私たちは部屋に運んでもらうことに。モヒートとラムコーク。

「もう最高だ〜」とか言いつつ、モヒート飲んで、息子寝かしつけてたら、息子用のエクストラベッド(ベッド幅:推定80センチ)で一緒に寝てしまうという痛恨のミス! ふかふかのキングベッドで寝そびれた。。。自分、バカ!

さて。次の日はぼちぼちいいお天気! 気を取り直して、朝からプールで遊びます。

朝ご飯は10時まで。これもお部屋・プールサイド・レストラン、好きな場所でいただけます。私たちは9時30分ごろにプールサイドでブランチしました。

サーモンと野菜のオムレツ、マッシュルームとハムのチーズオムレツ、ジャーマンポテト付。パンもジュースもウマー!

アバカはもともとレストランとして開業し、その後ゲストが宿泊できるホテルとしてリニューアルしたとかで、お料理もとても美味しいです。少し味付けが濃いめな点はフィリピンだから仕方ない。

それにこーんなすばらしい景色をほぼ独り占めしながらゆっくり食事したりリラックスしたりできるのは、セブ島でもアバカぐらいではないでしょうか? かなり贅沢な時間をたのしめると思います。

ちなみに、ホテルの敷地内は、緑が豊かでまるで植物園みたいです。よく見ると、ラクダもいますw

こちらはスパの入り口。残念ながらスパは体験せず(子どものリクエストでひたすらプール)

写真にはないけれども、宿泊客専用のジムもあるそうです。

アバカで特筆すべきなのは、ゲストに快適な時間を過ごしてもらうための完璧な「おもてなし」。

いわゆる「フロント(受付)」や「ロビー」はないけれど、行き届いたバトラーサービスで不自由を感じたことは一度もありませんでした。ホテルに着いたときから、ちゃんとゲストの名前を覚えてくれて、私たちが「あ、こういうのあったらうれしいな」というサービスを先回りして用意してくれる。

あと、すごく気に入ったのは、バスルームのアメニティのシャンプー&コンディショナー。すごくやさしいハーブの香りとミントのひんやり感が地肌に心地よくて、超気に入った。

「ボトルで大人買いして帰ろう」と意気込んできいてみたところ、なんとこのシャンプーとコンデはオーナー自身の手による完全ハンドメイドだそう! もちろん、当然100%オーガニック。それゆえ大量に作ることはできないので、販売はしていないとのこと。残念。

でも、また泊まりにくればいいよね。次はスパも体験したいしね。ほんとうに、また来たいと思わせる素敵なホテルでした。(ちなみにうちの息子は「帰りたくない」とタクシーの中で号泣ww)

Abaca Boutique Hotel へのアクセス、料金、そのほか詳細など

アバカはシャングリラやムーベンピックが建ち並ぶエリアの一角にあります。

ホテル「マクタン・ビー・リゾート」の隣です。セブシティからタクシーでいく場合は、ムーベンピックを目指してもらいましょう(ムーベンピックの200m先の右手にあります)。空港からくる場合は、送迎サービスがあるので安心です(ホテル予約時に時間指定できます)。


Punta Engano Road, Mactan Island, Lapu-Lapu City 6015, Philippines

ルームチャージは、マスターオーシャンスイートが1室15900ペソ、プールサイドオーシャンフロントスイートが1室17600ペソ〜。これにサービス料10%とTAX12%が加算されます(今のレートだとマスターオーシャンスイートで4万3000円ぐらいですね)

1泊朝食付き。あ、ちなみに1名様の料金じゃないですよ(部屋を1晩おさえるのにかかる料金です)。うちは、夫と息子と3人で泊まって、フィリピンの国内居住者割(?)もきいたため、プールサイドオーシャンフロントが1泊およそ3万4000円でした(約1万4000円の割引!)。

その他のお部屋の料金についてはウェブサイトをみてください。

☞ 2017/09/15 追記
なんと、アバカがホテル予約サイトでも予約できるようになっていました! 
時期を選べば、リーズナブルな値段で泊まることもできるみたいなので、ぜひチェックしてみてください。

アバカ ブティック リゾート アンド レストラン(Abaca Boutique Resort and Restaurant)
Punta Engano Road, Mactan Island, Lapu-Lapu, Cebu, 6015, Philippines

私たちは利用しませんでしたが、事前に頼めばアイランドホッピングも手配してくれる模様。
セブに3泊以上する方にはいいかもしれません。
でもせっかくアバカにきたなら、やっぱりホテルでゆっくり過ごす方がおすすめかも。

というわけで、渾身のホテルレポートおわります。
みなさん、アバカはかなりおすすめですよー!!!

スポンサーリンク

コメントを残す