忙しい人&出不精におすすめ! オンライン受験できる英語力判定テスト「CASEC」を受けてみた。

先日、大石哲之さんのところの オンラインサロン「ノマド研究所」で紹介されていた英語能力判定テスト CASEC(キャセック) を受験してみました。

なんて、つい昨日のことのように書いてますが、7月に受けたときの話ですので悪しからずw

この手のテストとして圧倒的に有名なTOEICやTOEFLに比べると「CASEC」の知名度は今ひとつですが、日本英語検定協会(英検)が開発し、旺文社グループの教育測定研究所が運営している信頼のおけるテストです。
ウェブサイトによれば、全国の大手企業や大学・高校・中学など約1078団体が採用し、年間約16万人、累計135万人以上が受験しています。(2014年6月末現在)



スポンサーリンク

24時間いつでもどこでも受けられる。海外からの受験もOK!

「CASEC」の良いところは、

・オンライン受験だから24時間、いつでもどこでも受けられる!
→実際、わたしはセブ島で受講しました。
・受験時間が40分ほどで済み、TOEICより短い。
・受験料は3600円。TOEICやTOEFLよりも気軽に受けられる。
・受験後、ただちに結果が分かる。
・TOEICやTOEFL、英検の換算スコアも提示してくれる。

受験の手続きもすごく簡単。
申込の手続きなどは、公式ウェブサイトを見ていただくとわかりやすいです。
http://casec.evidus.com/ticket/index.html

料金(3600円)の支払いは、クレジットまたはコンビニ払いが選べます。
すぐに受験したい場合は、クレジット払いがおすすめです。

試験内容はセクション1〜4に分かれていて、TOEICの簡易版といった感じです。

セクション1……コミュニケーションに不可欠な「語いの知識」
セクション2……コミュニケーションに不可欠な「表現の知識」
セクション3……リスニングでの「大意把握力」
セクション4……「具体情報の聞き取り能力」(書き取り問題)

それぞれ10〜17問の設問があり、配点は各250点。
すべての試験が40分程度で終わるのも忙しい身にはありがたいです。

そして、試験が終わったらすぐに結果を知ることもできます。
結果はこんな感じ。
casec_score_report.jpg

TOEIC換算スコアは、まさかの805点でした。
数ヶ月前に公式問題集で自己採点したTOEICスコアが730ぐらいだったので、なんかちょっと高めに評価されている気もしますが、悪い気はしないw
なお、テスト結果は就職や転職の際の履歴書用にPDFでダウンロードできます。

実際に「CASEC」を受けてみてのまとめ

CASEC を実際に受けてみて、よかったなと思ったのは、

・英語学習の進捗を知るためのレベルチェックには最適。
・子育て中でなにかと忙しい身としては、オンラインで受けられるの最高。
・TOEIC、TOEFL、英検の換算スコアが表示されるので、
就職や転職の際にアピールポイントとして使えるかも

という感じです。
とにかく英語学習っていうのは終わりがないし、
自分がいったいどれぐらい英語できるようになったかは
人に聞いてもなかなか把握することができないので、
(その理由については こちらのエントリ に書きました)
こういう気軽に受けられる判定テストを定期的に受けるっていうのは
モチベーションを維持するためにもすごく効果的だと思いました。

TOEICを受けるのはちょっとめんどくさいけど、
自分の英語レベルがどれぐらいか知りたい!
という人には、力だめしにちょうどいいと思います〜

↑すかさず広告バナーも貼っておく!

Text by Risa Shoji

スポンサーリンク

コメントを残す