【前編】次世代型教育の最先端を知るイベント「FabLearn Asia 2015」に参加してきました!

2015年12月12日・13日の2日間にわたり、横浜で開催された次世代型ものづくりにおける教育のあり方を考える国際会議『ファブラーンアジア2015』。私・ライター庄司も”子どもの未来を耕し、育て、伸ばす”をミッションに掲げるメディア「SHINGA FARM」のレポーターとして2日間、会議に参加してきました。今回は”インターネット以来の衝撃”とも言われるデジタルファブリケーション技術の台頭と世界のものづくり教育の最前線について、記事中で伝え切れなかったことをこのブログでもご紹介したいと思います!

※ この記事は前編・後編に分かれています。2日目の様子(後編)はこちらからどうぞ!
【後編】次世代型教育の最先端を知るイベント「FabLearn Asia 2015」に参加してきました!

FabLearn Asia 2015 from FabLabKamakura on Vimeo.



スポンサーリンク

☞ そもそも「デジタルファブリケーション」って何?

デジタルファブリケーションとは、端的に言えば、

3次元のデジタルデータをもとに、コンピュータと接続されたデジタル工作機械(3Dプリンターやレーザーカッターなど)を使って、木材、アクリル、樹脂などさまざまな素材を切り出したり出力したりして立体物を造り出す技術

ということができます。近年こうしたデジタル工作機械の小型化・低価格化が進み、個人の所有が可能になったことで、デジタルファブリケーション技術を使った個人によるものづくり(=パーソナルファブリケーション)が注目を集めるようになりました。なぜなら、これまで誰かがデザインし、どこかの工場で大量生産されたモノを購入するしかなかった私たちが、自ら欲しいモノをデザインし、必要な分だけつくることができるようになるからです。それは一方で、ものづくりの産業構造そのものの大変革を意味しています。


3Dプリンターが亀のオブジェをプリンティングしている様子。photo by Keith Kissel

そのため、2000年頃からマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者ニール・ガーシェンフェルド氏を中心に、世界各地で FabLab(ファブラボ)なる施設が次々と誕生していきました。ファブラボは、人々がデジタル工作機器を共有しながら自由にものづくりができるオープンな市民工房で、個人によるものづくりをサポートする存在といえます。ファブラボの輪は草の根的に広がり、2015年現在、正式に登録されているだけでも世界80ヵ国に600ヶ所のファブラボがあります。

日本初のファブラボは2011年5月、鎌倉と筑波に誕生しています。そのうちの一つ『ファブラボ鎌倉』の開設を主導したのが、日本におけるデジタルファブリケーションの第一人者で、慶應義塾大学准教授の田中浩也氏と、田中氏と一緒にファブラボ鎌倉を立ち上げ、現在、一般社団法人国際STEM学習協会の代表理事を務める渡辺ゆうか氏。今回の『ファブラーンアジア2015』は、田中氏が代表を務める慶應義塾大学ソーシャル・ファブリケーション・ラボとファブラボ鎌倉を運営する国際STEM学習協会が中心となって開催されたのです。

☞ デジタルファブリケーションと教育、いったいどんな関係があるの?

さて、前置きが長くなりましたが今回のイベントは「デジタルファブリケーションと教育の未来」をテーマにしています。かつてインターネットは、誰でも簡単に情報発信することを容易にし、個人の可能性を大きく広げました。それと同じように、デジタルファブリケーション技術も、私たち一人ひとりが生み出すモノの可能性を拡張するはずです。私たちの生活は再び一変するでしょう。

現在、あらゆる分野でITに通じたプログラマーやエンジニアが必要とされているように、将来的にはデジタル工作機械の扱いに通じた”モノをつくる人々=メイカー(Maker)”が活躍するかもしれません。つまり、そのような時代の変化に応じて、デジタルファブリケーション技術を使いこなすスキルや知識を教えるための教育も変革を迫られるわけです。

新しいものづくりの時代に必要な「サイエンス(Science)」「テクノロジー(Technology)」「エンジニアリング(Engineering)」「数学(Math)」の知識を、さまざまなものづくりを通じて学ぶ——。こうした教育スタイルはそれぞれの頭文字を取って「STEM」と呼ばれています。今回開催された『ファブラーンアジア2015』は、国内外の研究者や実践者が一同に会し、国策としてSTEM教育を推進するアメリカをはじめとする世界各国のさまざまな先進事例を紹介するとともに、多彩な参加型ワークショップを通じて次世代型ものづくり教育への理解を深めることを目的にしています。

☞ すべての子どもたちが新しい教育にアクセスできる環境を目指す

1日目の最初の登壇者は、スタンフォード大学准教授パウロ・ブリクスタイン氏。世界各地の学校で、デジタルファブリケーションを活用したSTEM教育プログラム「FabLab@School」を推進する氏は、「ファブラボやメイカームーブメントにより科学技術教育は変わるのか」をテーマに基調講演を行いました。


スタンフォード大学のパウロ・ブリクスタイン氏。© FabLearn Asia 2015 Committee

ブリクスタイン氏は、従来の知識つめこみ型ではなく、ファブラボなどとの恊働を含む実践的かつプロジェクトベースの教育の重要性を強調。カリフォルニアの Castilleja School でレオナルド・ダ・ヴィンチが遺した発明スケッチをもとにレプリカを制作した生徒たちの例を始め、タイの Darunsikkhalai School で制作された農業用のモニタリング・ドローン、ブラジルの少女たちが開発した赤ちゃんの泣き声に反応して自動で揺れるベビーカーなど、子どもたちがデジタルファブリケーション技術を使って優れた発想力とクリエイティビティを発揮している様子を紹介しました。

講演のなかで印象的だったのは、プロダクトそのものよりも、ものづくりというプロセスこそが重要である、というメッセージです。「私立や公立を問わず、すべての子どもたちにこのような教育の機会を平等に与えることが大切」と訴えるブリクスタイン氏に、会場からは大きな拍手がわき起りました。

☞ 初心者でも楽しめる多彩なワークショップは大盛況!

その後は、デザイナーとして革新的なプロダクトを数多く生み出してきたアートディレクターの田子學氏(株式会社エムテドCEO)、中高生向けのアプリ開発キャンプなどのIT教育事業を展開するライフイズテック社・小森裕太氏によるプレゼンが続きます。


アートディレクターの田子學氏。© FabLearn Asia 2015 Committee


「ライフイズテック」の小森裕太氏。© FabLearn Asia 2015 Committee

そしてランチブレイク後は、個別の会場に分かれて3時間ほどワークショップと研究発表が行われました。CADソフトで有名なAutodesk社による3Dモデリング入門、レーザーカッターによるスタンプ作り、初心者向けマイコンボードArduino(アルデュイーノ)とプラカップでつくるロボット制作などなど、はじめてのパーソナルファブリケーション体験にはうってつけのプログラムがそろい踏み。どの会場もほぼ満員で、参加者は大人も子どもも真剣に「ものづくり」を楽しんでいた様子でした。


身の回りの物を使ったロボット制作ワークショップ。© FabLearn Asia 2015 Committee


電気の通るペン「AgIC」を使って電気回路のしくみが学べる大人向けのワーク。© FabLearn Asia 2015 Committee


海外からの参加者もいっしょにワークを楽しんでいました。© FabLearn Asia 2015 Committee


ハートや香水びん型など、まるでジュエリーのようなLED制作に挑戦するユニークなワークショップ。© FabLearn Asia 2015 Committee

なかでも興味を引いたのは、ソニーが開発したブロック状の電子タグ「MESH」を使ったワークショップです。今回のテーマは、動きを検知したり、さまざまな色に光るなど多彩な機能を持ったMESHタグを身の回りのものに貼付け、アプリと連携させていろいろな動作を可能にする、というもの。例えば、ギター型にくりぬいた木版にMESHタグを取り付け、ギターを弾くような動作をすると、iPadからギターの音が鳴る、といった作品をつくることもできます。専門的なプログラミングの知識がなくても楽しめるので、ぜひ我が家の6歳の息子にも体験させてみたいと思いました。


↑ ソニーでMESHの開発に携わった方(!)が使い方をレクチャーしてくれました。贅沢。

☞ ネットとリアルが交差する場所から新しい価値が生まれる

コーヒーブレイクを挟み、日本国内で先進的なSTEM教育に取り組む実践校として、古河第五小学校(茨城県)福岡雙葉高等学校(福岡県)アメリカンスクール・イン・ジャパン(東京都)の3校によるプレゼンテーションが行われました。

福岡雙葉高等学校からは、文科省が推進する平成27年度「スーパー・グローバル・ハイスクール(SGH)」に認定されたことを受けて先駆的な取組みを進めるGC(グローバルコミュニケーション)コースに通う女子生徒たちが登壇。夏休みに実施したボストンでのMITメディアラボ視察やファブラボ国際会議参加や国内での研修など、1年間の活動報告を完璧な英語でやり切った彼女たちには、会場から大きな拍手が送られました。


流暢な英語でプレゼンをやり遂げた福岡雙葉高等学校の生徒たち。© FabLearn Asia 2015 Committee

個人的に衝撃だったのは、義務教育課程を通じてプログラミング教育に取り組む古河第五小学校のケースです。教科教育の壁や教師たちの意識の壁、コストの壁を知恵で乗り切り、普通の公立校をICT教育の先進校に導いた元校長・平井聡一郎氏(現・古河市教育委員会参事兼指導課長)の取り組みは、日本におけるSTEM教育の普及のためにとても参考になる事例だと感じました。

公立小学校にプログラミング教育を導入した平井総一郎氏。© FabLearn Asia 2015 Committee

そして、1日目を締めくくるのは「ファブラーンアジア2015」を主催する慶應義塾大学准教授・田中浩也氏。教鞭を執る慶応大学SFCでの取り組みやプロジェクトの紹介を中心にデジタルファブリケーションを軸とした「新しい教育」についてさまざまな提言を行いました。


日本におけるデジタルファブリケーションの第一人者、田中浩也氏。© FabLearn Asia 2015 Committee

「今は誰もがデジタルとフィジカルの世界にまたがって存在している」という田中氏。だからこそ、ネットとリアルという相反する概念のそれぞれのメリットを活かしながら、両者のあいだを自在に行き来して結びつけ、新しい価値を生み出す人材が必要とされている、と強調しました。

田中氏は、次世代型教育のカギとなる4要素として「LEARN(学ぶ)」「MAKE(つくる)」「SHARE(わかちあう)」「MOVE(心が動く/社会を動かす)」を挙げ、これらをバランス良く身につける教育のあり方を模索しているといいます。そのためこれまで教室で受けていた講義を自宅でオンライン受講し、教室ではものづくりを含むインタラクティブな体験型学習を行う「反転授業」にも力を入れています。ネットで海外のファブラボなどと積極的につながる一方で、大学の教室を開放し、年齢や世代を超えた交流も大切にしているそうです。

「”ものづくり(パーソナルファブリケーション)”は”ものがたり(パーソナルストーリー)”と同じ」と言う田中氏。その言葉に、つくることと学ぶことが一体化することで、一人ひとりの中に「自分は何を求めているのか?」という疑問が生まれ、その問いはやがて社会課題の解決など世の中をよい方向に変えていく、という期待を感じました。そんな明るい未来の予感とともに、1日目の会議は終了。

長くなったので、2日目の様子は後編に続きます!

>> 『FabLearn Asia 2015』2日目のレポートはコチラ

Text by Risa Shoji

スポンサーリンク

コメントを残す